婚約指輪を女性に贈る時

婚約指輪基礎知識局

婚約指輪を渡すケースは、プロポーズと一緒に渡す場合と後で女性と購入するケースです

婚約指輪の判断基準画像

婚約指輪を女性に贈る時

婚約指輪は、結婚を決意した時に、付き合っている女性に渡す指輪です。

一般的にはダイヤモンドを渡すことになっております。

ダイヤモンドは永遠に色あせることはありません。

自分の愛が永遠に色あせることはないという思いを指輪にこめるので、婚約指輪がダイヤモンドであるのです。

もちろん、リビーや、サファイヤなどを贈ったりするケースもあります。

また、金額としては給与の3ヶ月分とも言われております。

これは諸説がありますので定かではありません。

婚約指輪を渡す時、はプロポーズをするときに渡す人もいます。

そのような場合ですと、婚約指輪のサイズ、デザインなどは自分で選ばないといけません。

女性が気に入らない場合でもプロポーズ自体を受け入れる時ですと、指輪をもらわないといけません。

指輪を受け取った時点で婚約が成立します。

下世話な話ですが、男性にとってはメリットであります。

プロポーズをして後から女性と婚約指輪を購入するケースもあります。

そのようなパターンですと女性にとっては自分の好きなデザインを選ぶことが出来るのです。

日本においては指輪も結納の一部としているケースもありますが、結納自体が近年では行われないケースがあります。


Google
WWW を検索 婚約指輪基礎知識局を検索
(C) www.905milesinthesaddle.com. All Rights Reserved.